ヘアスタイルが痩身エステ
ヘアスタイルが痩身エステ
ホーム > 注目 > 屋根の排水は雨どいを設置して水はけを良くしよう

屋根の排水は雨どいを設置して水はけを良くしよう

屋根への雨の影響を最小限にとどめる為には、雨樋を配置して排水する事がオススメです。

屋根に落ちた雨水を屋根の勾配なりに排水したくない場合、雨樋は大活躍します。

配管の中で雨水を流していく方法ですので、北海道等の寒冷地には適しません。

それ以外の地域であれば、オススメの雨水排水方法です。雨樋は、雨を単純に流す為の道具ではありません。

素晴らしい効果を、雨樋は発揮してくれます。その素晴らしい役割を、ご紹介致します。

・軒先から外壁に雨水を伝えさせない
屋根から流れる雨水は、軒先から外壁に伝わり外壁に余計な負担を与えてしまいます。
外壁に弱い部分があればそこから雨水が侵入し、外壁内部を腐食させてしまう事があります。

・軒先のすがもり防止
軒先に雨水が滞留してしまうと、すがもりに繋げてしまいます。
部屋の四隅の雨染みは、この原因が大半です。
軒先まで雨水を流さず雨樋で受ける事で、すがもり防止に役立ちます。

・建物廻りの地盤に影響
軒先から雨水が落ちて建物廻りの地面に溝が出来る事で、地盤を不安定にしてしまう事があります。
建物の老朽化にしてしまい、寿命にも影響を与えてしまう事があります。

これらの事を起こさない為には、雨樋をフル活用する事が大事となります。

しかし、雨樋というのは径が小さいので、不具合を起こしてしまう事があります。

せっかくの雨樋設置も全く役に立っていない雨樋が多いのは、雨樋を上手く活用出来ていないのが原因です。

雨樋を不具合にさせず活用する為には、これらの部分を点検して使い続けるようにしましょう。

・雨樋のつまり
落ち葉やゴミ等が詰まると、雨水が流れなくなってしまいます。
先に横樋につまり始めるのが始まりなので、横樋のお掃除をこまめに行うようにしましょう。
縦樋が詰まってしまうと厄介なので、横樋の詰まりで留めるようにしましょう。

・雨樋の傾斜不足
新規に取りついた際はきちんとした傾斜で取りついていても、経年劣化により傾斜が変わってしまい、流れにくい雨樋になってしまう事は良くあります。
明らかに流れが悪くなったと思ったら、傾斜角度を変える等の処置を行いましょう。

・雨樋の継手の不具合
雨樋は全て1つのパーツで作られている訳ではなく、様々な材料をつなぎ合わせて使います。
その為、継手に不具合が起きると上手く流れなくなってしまいます。

このように、上手く活用する事で雨樋は大活躍してくれます。
最大限に生かし、建物の寿命を高めるパーツとして使いましょう。

参照記事:屋根修理 千葉